ワインと音楽

シャンボール・ミュジニー 水の戯れ


 

五感を使って目一杯ワインを楽しみたい。しかし、聴覚情報のないワイン。そこで、「ワインと音楽」をマリアージュ!ワインに合う音楽、ぜひ参考にしてみてください!

 

静謐で透明感のあるワインが飲みたい。

そう思うときに真っ先に思い出すのが、このワインです。

 

シャンボール ミュジニー

 

繊細で透明感のある味わい。

ラターシュやシャンベルタンを「動」と表現することができるなら、シャンボールミュジニーは「静」のワイン。私はそう位置づけをしています。

 

柔らかい印象の香りでありながら、長い余韻を楽しむことができるシャンボール ミュジニー 

澄んだ湖を思わせます。

Lake_Louise_Canada_Banff

 

 

 

 

 

 

 

 

シャンボール ミュジニー  はフランスのブルゴーニュ地方コート=ドール県の中にある人口300人規模の小さな村。そのシャンボール ミュジニー 村で造られるワイン

 

有名な醸造家ではルイ・ジャド の造るシャンボールミュジニーのクオリティーの高さは定評があります。

 

今日はそんなシャンボール ミュジニー  に合う音楽を勝手にマリアージュしちゃいます。

 

 

 

モーリス・ラヴェルという作曲家をご存知でしょうか?

フランスの、いわゆる”印象派”と呼ばれる作曲家。

 

有名な曲ですと「ボレロ」、皆さん聴いたことがあるのではないでしょうか?

タン、タタタタ。。。を繰り返す、あの曲です。

 

オーケストラの楽曲も素晴らしいラヴェルですが、ラヴェルの真骨頂はやはりピアノ曲にあるのではないでしょうか?

 

聴いているだけで、眼前に映像が立ち現れてくるような、そんな色彩を帯びたこの曲。

ラヴェルの楽曲の中でも一番のお気に入りが水の戯れという曲です。

 

 

透明感とその透明の中に引き込まれるような深淵な世界観はシャンボールミュジニーと相似形を為しているように感じます。印象派のパイオニアの一人であるラヴェルの音の繊細かつ自由な変化は、 シャンボール ミュジニー の口の中での香りの変化を思わせます。

 

 

シャンボールミュジニーと水の戯れの透明感のあるサウンドがマリアージュした時に、ワインの香りはより一層の立体感を持って立ち現れるのではないでしょうか?

 

 

シャンボール ミュジニー と 水の戯れ

ぜひ、その素敵なマリアージュをご堪能ください!

 

 

 

 

よろしければブログランキングの投票にご協力ください!

(下のボタンで1票入ります)

にほんブログ村 酒ブログ <strong>ワイン</strong>へ
 

 

 

-ワインと音楽