ウォッシュタイプチーズ

 

ウォッシュタイプのチーズとは?

チーズの外側を主にお酒や塩水で洗いながら熟成させたチーズ。

その名の通りウォッシュしています。

強い香りはチーズ上級者向けといったところでしょうか。

しかし、香りの印象の強さ故に、また思い出して食べたくなってしまうというのもチーズの持つ魅力。

今度の週末はブルゴーニュの赤ワインとウォッシュタイプのチーズでワイン上級者の愉しみ。いかがでしょうか?

 

ラミ デュ シャンベルタン

特にこのチーズはブルゴーニュの赤ワイン シャンベルタンを楽しむために作られたと言われています。

そしてこのチーズ作りを命じたのは、「シャンベルタンしか飲まない」ということで有名なナポレオン。

ラミ デュ シャンベルタンとは「シャンベルタンの友」と訳されます。その名の通り、ブルゴーニュ赤のニュアンスとピッタリマッチする香りのウォッシュタイプのチーズです。

これはマール・ド・ブルゴーニュというブドウの搾りかすを使って作ったブランデー、これと塩で表面を洗いながら造られるチーズ。なのでウォッシュなのですね。

 

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Menu

HOME

TOP