ピノノワール ブルゴーニュ 赤ワイン

ジュヴレ シャンベルタン justice

2015/01/03


 

 

当然のことながら、ただ美味しいワインを買ってきただけでは最高の喜びを味わうことはできません。

 

 

失敗を数多く積み重ね、経験値を積み重ねてゆくことで美味しくワインを味わうことができる、と思うのです。

 

 

 

「ジュヴレ シャンベルタン ラ ジュスティス」

 

 

ワインを飲み始めて間もない頃

 

「おお、シャンベルタンだ!」

 

と訳も分からず飛びつき、家に帰りさっそく開栓。

 

 

そしてすぐ、一口目を。

 

 

「ん!? 渋い・・・・」

 

シャンベルタンの特徴でしょうか?スモーキーで渋い感じ。

 

 

もう少し、開栓してから時間を置いて飲めばよかったのですが・・・・。

 

 

そして、「味覚は発達する」と言われますが、まさに当時の自分は未発達の味覚で、このシャンベルタン特有の香りを楽しむことができず。

 

 

 

しかし、今になって考えてみると実にもったいない ><

 

 

時折、このワインの香りを思い出しては

 

 

「シャンベルタンが飲みたい!」と。

 

 

 

渋い大人の味が分かるって、こういうワインを堪能できることなんだな〜。

ここで買えます

↓ 

 

 

 

 

 

最後までお読みいただいてありがとうございます。

よろしければ、ブログランキング投票にご協力を。

↓ ↓

にほんブログ村 酒ブログ <strong>ワイン</strong>へ
にほんブログ村


ワイン ブログランキングへ

-ピノノワール, ブルゴーニュ, 赤ワイン