シャルドネ ブルゴーニュ 白ワイン

バタール モンラッシェ 2000年 

2015/01/04


 

「別嬪(べっぴん)さん」という言葉があります。

 

今となってはもう死語なのでしょうか?

語源には諸説ありますが、こんな一説が。

 

 

大昔の中国で行われていた美人コンテスト。

その順位は一位から順に1嬪、2嬪・・・といった形で「嬪」という言葉を使って表されていました。

 

ある年のコンテスト。審査員全員がハッと息を呑むほどの美女が。

誰もが彼女の優勝を確信しました。

 

しかし、ある審査員が言いました

「彼女には順位をつけるのも恐れ多い。別格だ。」と。

 

そう、1品でも2品でもなく別格、「別嬪」だったのです。

 

 別嬪とはそうして生まれた言葉、という説。

 

どんな世界にも他とは比べ物にならないほど素晴らしい「別格」が存在します。

 

 

この逸話を思い出したのも、このワインを飲んだから。

 

バタール モンラッシェ 2000年

 

 

 

他の白ワインには大変申し訳ないですが、このモンラッシェを飲むと

 

「他の白ワインを飲む意味は、一体?」

 

 

と思ってしまうほど。

 

 

品種はシャルドネ。

 

 

シャルドネを使った白ワインならどこでも手に入ります。

 

 

しかし、この濃厚さは筆舌に尽くし難い!

 

コクのある赤ワインを飲んでいるかのうような。

 

 

ワインを超越している、まさに別嬪。

 

 

何よりも色が他の白ワインとは違います。

 

 

 

ワインが好きと言うならば必飲の白ワインです!

 

なんせ高価な白ワイン。その中で、このあたりは結構お手頃かも?

↓ ↓

 
 

にほんブログ村 酒ブログ <strong>ワイン</strong>へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

-シャルドネ, ブルゴーニュ, 白ワイン
-, ,